人ごととはいえないうつ病のリスク|クリニックの診断方法

うつ病ジャッジ!

職場での罹患リスク

男の人

職場環境の悪さや、業務を行なう上での負担により、うつ病に罹ってしまう人は多くいます。職場でのストレスチェックで要注意だと診断された場合は、専門のクリニックで診察を受ける必要があります。

詳細を確認する

女性が罹りやすい病

女性

最もうつ病の罹患リスクが高いのが、女性です。女性ホルモンのバランスが乱れることで、心身に大きな負荷が掛かるため、女性は男性の2倍以上にリスクがあるとされています。うつ病が疑わしい人は女性専門のクリニックへ行き、診断を受けましょう。

詳細を確認する

自分で対処することの問題

レディー

年々罹患率が上昇し、もはや現代病の一種にも数えられている病といえば、うつ病です。このうつ病は、気分障害と呼ばれる病です。罹患すると常にネガティブな考えに囚われ、強い倦怠感や不安感を強く抱き続けるようになります。一昔前であれば、こうした精神病は単なる「甘え」だとして考えられました。心が弱いからそんな病に罹るのだと考え、厳しい言葉で叱り飛ばすことによって治ると考えられていたのです。しかし、現在ではこうした方法は逆効果だといわれています。患者さんに強い口調で叱りつけるようなことをすれば、かえって患者さんを追い詰めることとなり、うつ病の症状が深刻化する恐れがあるのです。うつ病は単純に怠け癖がついたような状態とは異なります。交感神経の働きが乱れることで体にさまざまな負担が掛かり、不眠や食欲不振などの症状が現れます。また、脳内の神経伝達物質の分泌量が低下し、脳への血流量が減ってしまうことも確認されています。身近な人がうつ病に罹っている場合、または自分にうつ病特有の症状が見られた場合は、自己診断で治そうとはしないほうがよいでしょう。素人考えでの対処はかえって症状を悪化させる恐れがあります。うつ病に罹った場合は、専門の心療内科などのクリニックへ受診するのが最適です。

通常うつ病に罹る人というのは、精神的な強いショックを受けた人だけだと多くの人は考えるでしょう。目の前で大きな事故が起きてしまい、それを間近で見てしまった人や、親しい人やペットなどを亡くしてしまった人など、過去にうつ病となる大きな原因がなければうつにはならないと考えるものです。しかし、このうつ病は精神的な大きいショックがなくても罹ることがあります。仕事やプライベートなどで、毎日ストレスを感じている人であれば、心へ徐々にストレスが蓄積してしまいます。本人が自覚せずに、少しずつストレスが蓄積し、やがて大きなうつ病へと発展することがあるのです。知らず知らずのうちにうつ病に罹ってしまい、それを理解せずに放置してし続け、やがて重篤なうつに陥ってしまう人は多くいます。普段の生活の中で、倦怠感や疲れが取れないと感じている人がいれば、それは軽度のうつに罹っている可能性があります。専門のクリニックに受診し、うつ病に罹っていないか診断してもらいましょう。

問診による方法

レディー

心療内科やメンタルクリニックでは、うつ病の診断を行なう場合にしっかりとした問診を行ないます。心理的な状態を調べることと同時に、身体に起きているうつ病特有の症状を調べ、うつ病かどうかを正確に診断します。

詳細を確認する

正確な結果がわかる機器

看護師

患者さんに直接話しを聞く問診のほかに、検査機器を使用することでもうつ病の診断をすることができます。唾液の分泌物を調べる方法や、血液中の血漿の成分を調べる方法、さらには光トポグラフィーと呼ばれる脳の血流量を調べる検査方法があります。

詳細を確認する

治療にも役立てられる

医者

光トポグラフィーは、うつ病の診断だけではなく、クリニックでの治療にも大いに利用される機器です。うつ病に罹っていることに無自覚な患者さんに自覚してもらえるほか、治療の効果を機器で調べることで、前向きに治療に取り組んでもらえます。

詳細を確認する