女性が罹りやすい病|人ごととはいえないうつ病のリスク|クリニックの診断方法

人ごととはいえないうつ病のリスク|クリニックの診断方法

メンズ

女性が罹りやすい病

女性

男性に比べて女性は病への抵抗力が強いといわれていますが、これはいわゆる菌やウィルスなどの身体に現れる病に関してのものです。メンタル面での病に関していえば、女性は男性に比べて罹患率が高いとされています。特に高いのがうつ病の罹患率であり、罹るリスクは男性に比べ約2倍といわれているのです。

女性がうつ病に罹りやすい理由は、ホルモンの影響が男性よりも強く現れるからです。妊娠や出産を行なう女性は、男性とは違いホルモンによって体の状態を大きく作り変えます。ホルモンが与える心身への影響が強いため、いったんホルモンバランスの乱れが現れると、体だけではなく精神面にも大きな負荷が掛けられてしまうのです。ホルモンバランスが乱れやすいとされているのが、思春期と更年期の2つです。思春期になると女性ホルモンの量が一気に増大するため、精神的に不安定な状態になる女性が多くいます。感受性が強い年頃であることも災いし、ささいなきっかけからうつ病へと発展することもあるので、注意が必要となります。逆に更年期となると、女性ホルモン量が減退するため、ホルモンバランスの乱れが顕著になります。この年代になると、理由のないイライラや不安感を覚える女性も多く、単なる年齢による問題だからと考えてしまう人も少なくありません。更年期となればこうした症状に見舞われることも珍しくありませんが、だからといって大した問題ではないと判断することはできません。思春期や更年期によるメンタルの乱れは個人差があります。体質的にホルモンの影響が顕著に現れる人はうつ病に罹りやすいため、メンタルクリニックでの診断や治療を受ける必要があります。

うつ病の診断や治療を行なうクリニックの中には、女性の患者さん専門のクリニックもあります。男性の医師から診断を受ける場合、プライベートな悩みまでも相手に伝えることとなるため、余計に強いストレスを抱えることとなります。しかし、女性専門のクリニックであれば、診断や治療をするのも全て女性の医師が行なうので、安心して通うことができるでしょう。