正確な結果がわかる機器|人ごととはいえないうつ病のリスク|クリニックの診断方法

人ごととはいえないうつ病のリスク|クリニックの診断方法

メンズ

正確な結果がわかる機器

看護師

患者さんへ問診をする方法以外にも、うつ病診断を行なうことはできます。クリニックでは問診を行なうと同時に、身体の状態を検査することにより、うつ病に罹っているかを正確に診断することができるのです。多くのクリニックで行われているうつ病診断は、唾液検査と血液検査の2つです。唾液検査では、提出された唾液の分泌物を調べることで、うつ病に罹っているかを診断することができる方法です。うつ病に罹ると、腎臓から絶えず多くのアドレナリンが分泌されます。最近の研究により、腎臓からはこのアドレナリンのほかに「クロモグラニンA」と呼ばれる物質が分泌されることがわかりました。アドレナリンは代謝が早いため、唾液から検出することは難しいものです。しかし、このクロモグラニンAは唾液からも検出できるため、患者さんのストレスがどれくらいの強度で掛けられているかがわかるでしょう。クロモグラニンAはアドレナリンと同時に分泌される物質です、唾液から検出された場合、アドレナリンが大量に分泌されたと分かるので、うつ病かどうかを診断する材料となるのです。

唾液だけではなく、血液検査もうつ病診断において利用することができるとされています。うつ病患者と健常者は、血漿の中の成分に違いが現れるとされています。うつ病に罹った人の血漿には、「エタノールアンミリン酸」と呼ばれる成分の濃度が下がるのです。唾液検査による方法は、ストレスの度合いを調べることができますが、それだけではうつ病だと確定させることはできません。この血液を使った検査は唾液検査に比べ、うつ病診断の精度も高いので、利用することでより正確な診断が受けられます。ただし、この診断方法はまだ対応しているクリニックが限られているため、誰でも簡単に受けられるとは限りません。

うつ病診断において、現在最も信頼性が高いとされているのが、光トポグラフィー検査と呼ばれる方法です。脳の血流の様子を調べることで、うつ病に罹っているかどうかを診断することができます。厚生労働省にも認可され、10箇所以上のクリニックで導入されている検査方法なので、利用することでうつ病かどうかをしっかりと調べることができるでしょう。