治療にも役立てられる|人ごととはいえないうつ病のリスク|クリニックの診断方法

人ごととはいえないうつ病のリスク|クリニックの診断方法

メンズ

治療にも役立てられる

医者

多くのクリニックで導入されている光トポグラフィーは、頭部に脳の血流量を調べる特殊な機械を装着することで受けられる検査です。うつ病に罹患した場合、脳の神経伝達物質の分泌量が著しく減少してしまうため、脳の働きが低下してしまうことがあります。脳の神経は神経伝達物質によって情報をやりとりし、体を動かしたり考えたりすることができます。うつ病に罹った場合、この神経伝達物質が少なくなるため、集中力の低下や強い倦怠感などの症状が現れるようになるのです。脳の活動が低下すれば、脳の血流量も少なくなってしまいます。診断で使用される光トポグラフィーは、そのような脳の状態を外部から調べることができる方法です。一般的な人に比べ、著しく血流量が低下していれば、うつ病に罹っている確率も高いといえるでしょう。問診などではうつ病診断を正確に下すのは難しいものの、この光トポグラフィーを用いれば診断の正確性も上がるので、誤診などのリスクも避けることができるでしょう。

光トポグラフィーの検査は、うつ病の治療にも用いることがあります。うつ病を治すためには、まず自分の精神状態を患者さん自身に認識してもらう必要があります。うつ病治療は自分で治そうという前向きな気持ちがなければ治ることはありません。しかし、身体の病とは違い、多くの人は自分が精神の病に罹っているとは信じないものです。体や精神状態は普段と同じ感覚なので、自分が病に罹っていることを信じられず、医師から受けている治療も自己判断で止めてしまうことがあるのです。身体の治療とは違い、精神の病は数年単位の長期の間治療を受け続けなければならないものです。自己判断で止めてしまうと、すぐにうつ症状がぶり返してしまうだけでなく、へたをすると悪化する可能性もあるため注意が必要です。光トポグラフィーは、機械を通して患者さん自身の精神状態を検査することができます。正確な診断結果を見れば、自分がうつ病だということに懐疑的な人でも、すぐに納得できるようになるでしょう。

また、治療中も光トポグラフィー検査を受け続けることで、治療によって脳の活動状態がどれだけ改善されたかも調べられます。治療の効果を目で見て確かめることができるので、前向きに治療に取り組めるようになるでしょう。